Know the people

藤原 和磨

2012年4月

施工管理・現場監督
これからのレクサスホームを支える現場監督に

レクサスホームへの志望動機を教えてください

学生時代にレクサスホームの職場を見学したことがあるのですが、その時の社員の方々の礼儀正しい姿勢や現場でのキビキビした動き、職人さんたちを気遣う優しさ、いつでもにこやかな人柄のよさに惹かれ、「私もこの会社で働きたい!」と感じました。
レクサスホームは、仕事の価値観として熱意・創意・誠意をとても大事にしています。そのため、スタッフ全員が熱い想いで仕事に取り組んでいますし、どうしたら生産性が高くなるか、どうしたらもっと効率的になり、お客様によろこんでもらえるかということを常に考えています。
スタッフ全員が新しい仕組みや設備にも敏感ですし、チームで互いをフォローしながら仕事ができます。みんな若くて、成長意欲が高い人たちばかりなので、自分もモチベーション高く働ける環境です。

仕事をする上で大切にしていること、やりがいはなんですか

工事を担当した家が完成した時ですね。お客様が家を見上げながら喜んでいる姿を見るのが本当に嬉しいんです。いつも引き渡しの時に、自分はこの仕事を選んで本当によかったと思っています。家が建つまでには苦労も多いですが、お客様の笑顔を見ると次の現場も頑張らないとなと思いますし、ワクワクしてきます。
現場監督は、図面の状態の家ができ上がっていく過程を一番近くで見ることができる仕事です。そのため、ものづくりの楽しさやおもしろさ、完成した時の喜びがとても大きいと思います。その分苦労も多いですけど、達成感も非常に大きく、やりがいも大きいです。自分の指示や采配で現場が動いていきますので、責任を感じますが、楽しみも多いです。

3年後の目標を教えてください

現在は新築住宅工事を専門にしていますが、将来的には公共施設や店舗など大規模な工事を担当してみたいと考えています。どんな建物でも「藤原に任せておけば安心」と言われるようになりたいです。そのためにも、もっと現場監督の経験をたくさん積みたいですね。
また、身近な目標でいえば、現場監督としてお客様に「藤原さんが担当でよかった」と言ってもらえることと、担当したお客様から、新規のお客様を紹介してもらえるような現場監督になりたいですね。それって信頼の証じゃないですか。現場監督は、家ができていく中でお客様と接するので、そこで信頼していただけるのは嬉しいです。
そして近い将来には、これからのレクサスホームの施工管理を支える役割を担いたいと考えています。棟数を伸ばしていくためには、施工管理ももっと生産性を高めて効率的に仕事をしていかないといけません。そのための仕組み作りにも挑戦していきたいと考えています。

藤原 和磨さんの一日の流れ

8:00

現場確認・指示出し

12:00

ランチ

13:00

図面確認

15:00

実行予算作成

17:00

資材発注