間接照明の使い方いろいろ 坂口

投稿日:2020年05月24日

こんにちは!

設計担当の坂口です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日はオシャレな空間を作る一つとして使用される、間接照明の例をご紹介したいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、天井を照らすコーブ照明です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

照明は天井を照らせば空間が明るくなる。それをデザイン性と実用性を備えているのが、コーブ照明です。

これ一つでもかなり明るさが変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に壁面を照らすコーニス照明です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁面にある石やタイル、塗り壁等を照らす事でそれをより強調し、また落ち着いた雰囲気も作ってくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他間接照明の活用方法として、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床の間の上に照明を入れて、陰影を出して雰囲気を作る。

 

 

それと間接照明ではないですが、置き照明を活用する事で暗すぎない空間とデザインのワンポイントとして入れる。

 

これも照明をうまく使うコツですね(^O^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にもたくさんありますが、今回はほんの一例です。

間接照明をうまく活用すれば、こんな感じのオシャレな空間を作れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間接照明をするにあたっての注意点もお伝えします!

 

 

 

 

 

①光源があたる所に窓を付けない。(照らさない)

 陰影がキレイに見えなくなります。

 

 

②光源があたる所にエアコンや換気設備等を付けない。(照らさない)

 

 

③光源を上手く隠す事。

 見えるとキレイではないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単には以上です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にもありますが、今回はこれで終わりにしたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

間接照明をしてもらう時には担当の設計士さんにしっかりと計画してもらう事です。

上記のような注意点に触れていると、聞いてみてもいいかと思います(‘ω’)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福知山スタジオ 設計担当 坂口

2020年5月24日 投稿|