台風19号について 海

投稿日:2019年10月11日

こんにちは!
設計士の大槻海です。

 

 

 

 

 

今日は大型の台風19号について!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ北近畿エリアは進路から少し外れたように感じます。しかし、何が起きるか分からないのでこれからでも出来ることをご紹介します!

 

 

 

 

 

★これから出来ること

 

①バルコニー側溝の排水口のゴミを取り除く

 

②ベランダ・玄関周り・庭の飛散しそうなものをしまう

 

③24時間換気システムの一時停止

 

④雨戸、シャッターを確実に閉める

 

⑤窓にはガラス飛散防止フィルム(養生テープ)を貼る

 

⑥浴槽に水を張る

 

⑦食料・飲料水の補充

 

⑧非常用品の確認

 

・携帯電話の充電器
・懐中電灯(LEDランタン)
・携帯用ラジオ(乾電池)
・救急薬品
・衣類
・非常用食品
・携帯ボンベ式コンロ
・貴重品 等

 

 

 

 

 

★停電普及時の火災に注意

 

先日発生した台風15号では、停電発生後の電力復旧時に通電火災と疑われる火災が発生しています。

 

 

 

 

 

万が一の停電に備え、ご自宅等から避難するときは、電力復旧時の電気火災を予防するため、分電盤(ブレーカー)のつまみを「切」にして避難するよう心掛けてください。

 

 

 

 

 

電気の使用を再開する場合は、電気配線や電気製品の安全確認を行い可能な限り消火器等を準備した後、復電の作業をしてください。

 

 

 

 

 

復電後、焦げたような臭いを感じた場合は直ちに安全確認を行い、原因がわからない場合は電気の使用を見合わせ、消防局または消防署へご連絡ください。

 

 

 

 

 

今のうちにお住まいの地域の消防局や消防署の電話番号を調べておくのも大切です!最新の気象情報等は、気象庁ホームページ「防災情報」(外部サイト)をご覧ください。

 

 

 

 

 

ご自宅を確認して頂き事前に備えることが、被害を防ぐことにもつながります。また、土砂災害や浸水や河川の増水にも警戒し、安全確保を心がけてください。

 

 

 

 

 

何もない事が一番ですが、何か起きた時に「~しておけば・・・」では手遅れです。
皆様、十分にお気をつけください!

 

 

 

設計士 大槻 海

2019年10月11日 投稿|